サプライチェーン へのブロックチェーンの応用
ブロックチェーン技術

サプライチェーン へのブロックチェーンの応用

サプライチェーン へのブロックチェーンの応用 サプライチェーン とは サプライチェーン とは、商品の原料の段階から最終購入者までの移動経路を全て可視化したものです。 1980年代に提唱されて以降、ITを活用して効果的に事業を構築・運営する経営手法の1つとしてのSCM(サプライチェーンマネージメント)と呼ばれる領域が確立されてきました。 サプライチェーンを活用することで、生産や調達などの体制を柔軟に対応し、余剰在庫の削減など適正な生産体制を整えられるというメリットが発生します。 このため、サプライチェーンは、需要の見通しに大きな変化を生じるような商品管理システムとして導入されます。 米国では主に ...

Ruby
基礎技術

Ruby

Ruby (ルビー) Ruby は通称 Matzとして知られるまつもとゆきひろ氏が「ストレスなくプログラミングを楽しむこと」を重視して開発したオブジェクト指向スクリプト言語です。 開発者が日本人なのでわかりやすい解説を見つけることが容易です。 Rubyが主に使用されているのは Webアプリケーションですが、Solidity , Python , Perl , Swift...

タイムスタンプ 【Timestamp】
ブロックチェーン技術

タイムスタンプ 【Timestamp】

タイムスタンプ【Timestamp】 タイムスタンプ ( timestamp)はあるイベントが記録された日時・日付・時刻などを記録し、記録が存在していることと改竄されていないことを証明するシステムを指します。 電子署名などで用いられているRFC3161 Time stamp protocolではPKIを利用しており、時刻認証局(TSA:Time-Stamping Authority)がハッシュ値に時刻情報を偽造できないようにして結合したタイムスタンプ(正確にはタイムスタンプトークンと呼びます)を利用者に送付しています。 記録を僅かでも更新した場合、変化したハッシュ値のみがTSAに提示されるので ...

VPN【 Virtual Private Network 】
基礎技術

VPN【 Virtual Private Network 】

VPN【 Virtual Private Network 】 仮想プライベートネットワーク VPNとは、通信事業者の公衆回線を経由して構築された仮想的な組織内ネットワークまたはそのようなネットワークを構築できる通信サービスを指します。 古くは電話回線で用いられていたいたもので、全国に拠点を持つ大企業の内線電話などを公衆網を中継して接続するサービスでした。 その後、VPNは一般的に企業内ネットワークの拠点間接続などに使われ、自社ネットワーク内部の通信と区別がつかないレベルで遠隔地の拠点との通信が行えるようになってきました。 VPNを用いることで、安全な通信ルートを確保した上で重要な情報をやり取り ...

ブロードバンドインターネット接続(Broadband Internet access; BIA)
基礎技術

ブロードバンドインターネット接続(Broadband Internet access; BIA)

ブロードバンドインターネット接続(Broadband Internet access; BIA)   1990年代以前に一般的であった低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどの「ナローバンド」と比較して、大容量通信ができるインターネット接続サービスをブロードバンドインターネット接続と言い、光接続、無線接続、ケーブルテレビ接続、ADSL接続などの種類があります。 1990年代以降、DOCSISや、光ファイバーを直接・間接にユーザ個宅まで引き込むFTTH・FTTxなどが開発されたことで、これら手頃な価格の大容量インターネット接続サービスが一般消費者に普及する過程でブロードバンドという ...

ブロックチェーン
ブロックチェーン技術

ブロックチェーン

ブロックチェーン トランザクションのように連続的に発生するデータを一定容量にまとめた”ブロック”を時系列に沿ってハッシュIDによって繋ぐ形式により、改ざんを防ぎつつ半永久的にデータを保存可能なデータベースを ブロックチェーン と呼びます。 時系列に沿って発生し続けるデータを纏めた記録をブロックと呼び、連続的に発生するブロックを順にハッシュIDで連結して管理しています。 各ブロックには、タイムスタンプと1つ前のブロックへのリンクが含まれています。 理論上は一度ブロックチェーン内にデータが記録されるとブロック内のデータを遡及的に変更することはできないようになっています。 ブ ...

P2P (Peer to Peer/ピアツーピア)
基礎技術

P2P (Peer to Peer/ピアツーピア)

P2P( Peer to Peer /ピアツーピア) P2Pは、通信ネットワーク上で対等な関係にあるデバイスを直接接続してデータを送受信する通信方式や、この方式を用いて通信するソフトウェアやシステムの総称をさす通信用語です。 P2Pネットワーク内のPCは、他のPCのデータを利用するクライアントであると同時に、他のPCからの要求に応じてデータを提供するサーバーの役割も果たします。 対等の役割を持ったPC同士を数多く集めて相互に接続することでインターネット上にネットワークを形成しています。   元々「P2P」という用語は、データ送信者と受信者が明確に分かれているクライアント・サーバー形式 ...

ビットコインウォレット
ビットコイン

ビットコインウォレット

ビットコインウォレット ビットコインはブロックチェーンだけでは運営することはできません。 送信の指示を出したりビットコインアドレス内の枚数を管理するウォレットを使って、ユーザーにトランザクションを生成するための送受信を行ってもらう必要があります。   2009年にビットコインが誕生して以来、ビットコインのウォレットは仕組みやデザインの仕方によってタイプの異なるものが多く作られてきました。 ウォレットを動かすコンピュータはブロックチェーンネットワーク上で「ノード」と呼ばれ、送受信を行ってトランザクションを発生させたり、取引記録を管理したりとネットワーク上の役割を与えられます。 ノードの ...