サプライチェーン へのブロックチェーンの応用

サプライチェーン へのブロックチェーンの応用

BAP サプライチェーン

サプライチェーン とは

サプライチェーン とは、商品の原料の段階から最終購入者までの移動経路を全て可視化したものです。

1980年代に提唱されて以降、ITを活用して効果的に事業を構築・運営する経営手法の1つとしてのSCM(サプライチェーンマネージメント)と呼ばれる領域が確立されてきました。

サプライチェーンを活用することで、生産や調達などの体制を柔軟に対応し、余剰在庫の削減など適正な生産体制を整えられるというメリットが発生します。

このため、サプライチェーンは、需要の見通しに大きな変化を生じるような商品管理システムとして導入されます。

米国では主にコンピューターメーカーでの採用実績が見られており、近年では小売業などにも普及し始めています。

 

既存の サプライチェーン の課題

しかし、現代のサプライチェーンは非常に複雑化しており、100以上の工程と数十以上の地理的に異なる拠点をつなぐようなケースも少なくありません。

既存のシステムではサプライチェーン上で起きたことを遡って確認したり、問題を調査したりすることがとても難しくなってきているのです。

そこで、サプライチェーンのシステムを効率化するために、非改ざん性と透明性を備えたブロックチェーンを応用したプロジェクトが存在するようになりました。

 

 

BAP サプライチェーン

ブロックチェーンを用いた サプライチェーン プロジェクト

VeChain や Ambrosus ,  Waltonchain, Wabi, Modum など、ブロックチェーンを活用してサプライチェーンを管理するプロジェクトが複数存在します。

それぞれにシステムのアイデアは異なりますが、いずれのシステムにも共通するアイデアがあります。

それは、ブロックチェーンを用いて原料生産地や加工場所、販路などの情報をブロックチェーン上で改ざんの不可能な情報として保存し、誰でもいつでも閲覧可能にするというモデルです。

2018年9月には、IBMとMicrosoft社およびGS1は、サプライチェーン顧客向けアプリ「Enterprise Blockchain」で、識別・構造化データの標準を活用すると発表しています。

* Gs1:(流通コードの管理と流通標準に関する国際機関)

 

サプライチェーン の歴史

  • 1983年 ブーズ・アレン・ハミルトン(アメリカ合衆国バージニア州のコンサルティング会社)が初めて「サプライチェーン・マネジメント」という言葉を用いた論文を発表しました。

 

  • 1996年 サプライチェーンカウンシル(SCC)がNPO法人として設立されました。その目的は米国において業種業態の違いを越えてサプライチェーンプロセスを記述、評価するための共通言語としてのサプライチェーン運用参照モデルSCORを開発、普及することでした。その後、欧州、日本、豪州、中南米、中国、東南アジア、南アフリカに支部が開設され、2007年12月時点では800強の会員組織で構成されています。

 

  • 1998年 米国業界団体 Council of Logistics Management(CLM)が、前年にクーパー等が書いた論文に従い、「ロジスティクスをサプライチェーン・マネジメントの一部である」としロジスティクスの定義を見直しています。
avatar
  Subscribe  
Nhận thông báo