ブロードバンドインターネット接続(Broadband Internet access; BIA)

ブロードバンドインターネット接続Broadband Internet access; BIA

 

1990年代以前に一般的であった低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどの「ナローバンド」と比較して、大容量通信ができるインターネット接続サービスをブロードバンドインターネット接続と言い、光接続、無線接続、ケーブルテレビ接続、ADSL接続などの種類があります。

1990年代以降、DOCSISや、光ファイバーを直接・間接にユーザ個宅まで引き込むFTTH・FTTxなどが開発されたことで、これら手頃な価格の大容量インターネット接続サービスが一般消費者に普及する過程でブロードバンドという用語が広まったようです。

2015年1月から、米国連邦通信委員会(FCC)が、下り25Mbps/上り3Mbpsをブロードバンドと定義しています。

ブロードバンド回線の普及によって、常時接続や通信サービスの多重化が可能になったため、IP電話や、放送信号の伝送による多チャンネルテレビ視聴などのサービスが可能になっています。

 

ブロードバンド伝送レート
接続 情報伝送データレート
DS-1(Tier 1) 1.544 Mbit/s
E-1 2.048 Mbit/s
DS-3(Tier 3) 44.736 Mbit/s
OC-3 155.52 Mbit/s
OC-12 622.08 Mbit/s
OC-48 2.488 Gbit/s
OC-192 9.953 Gbit/s
OC-768 39.813 Gbit/s
OC-1536 79.6 Gbit/s
OC-3072 159.2 Gbit/s

 

なお、2010年代になると一般的にブロードバンドインターネット接続が普及し、ダイヤルアップ接続などの従来方式がほぼ使われなくなったため、ブロードバンドという用語は使われなくなってきています。

 

 

avatar
  Subscribe  
Nhận thông báo