メール送信と同じ手軽さでUSD国際決済ーSoftbankなど

9月12日、Softbank社 ・ 米Synchronoss Technologies(シンクロノス) ・ 米TBCASoft の3社が、独自の新しいブロックチェーン技術を用いたスマートフォンでの店舗決済実験を行いました。

今回の実験では、日本のSoftbankユーザーが、国境に関係なくメール送信と同じ感覚で米ドルの支払いが可能となることが示されています。

受信者側はSMSやEメールなど従来のメッセージサービスで、ウォレットアプリを通して行われた支払いを受け取ることができます。

概要

今回行われたテストは、メッセージサービスの国際標準規格「RCS(Rich Communication Services)」にTBCASoftのブロックチェーン技術を活用した新モバイル決済サービス。

シンクロノスは、SMSとEメール、RCSの機能をカバーする高機能で安全性の高いマルチ・チャンネル・コミュニケーション・プラットフォームを日本市場へ導入している企業です。

TBCASoftのCCPSブロックチェーンのAPIは高い汎用性を持っている。そこで、TBCASoft社はブロックチェーン・コンソーシアム「Carrier Blockchain Study Group」(CBSG)で通信キャリアと協力して、ブロックチェーン技術を活用したキャリア間決済プラットフォーム(Cross Carrier Payment Service:CCPS)の提供を目指しています。

RCSとブロックチェーンを活用した今回の実証実験では、ユーザーがモバイル端末を使い、店舗などで決済を行うことに成功したと発表されました。

 

avatar
  Subscribe  
Nhận thông báo