(日本語) ブロードバンドインターネット接続(Broadband Internet access; BIA)

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

ブロードバンドインターネット接続Broadband Internet access; BIA

 

1990年代以前に一般的であった低容量なダイヤルアップ接続や一部のPHSなどの「ナローバンド」と比較して、大容量通信ができるインターネット接続サービスをブロードバンドインターネット接続と言い、光接続、無線接続、ケーブルテレビ接続、ADSL接続などの種類があります。

1990年代以降、DOCSISや、光ファイバーを直接・間接にユーザ個宅まで引き込むFTTH・FTTxなどが開発されたことで、これら手頃な価格の大容量インターネット接続サービスが一般消費者に普及する過程でブロードバンドという用語が広まったようです。

2015年1月から、米国連邦通信委員会(FCC)が、下り25Mbps/上り3Mbpsをブロードバンドと定義しています。

ブロードバンド回線の普及によって、常時接続や通信サービスの多重化が可能になったため、IP電話や、放送信号の伝送による多チャンネルテレビ視聴などのサービスが可能になっています。

 

ブロードバンド伝送レート
接続 情報伝送データレート
DS-1(Tier 1) 1.544 Mbit/s
E-1 2.048 Mbit/s
DS-3(Tier 3) 44.736 Mbit/s
OC-3 155.52 Mbit/s
OC-12 622.08 Mbit/s
OC-48 2.488 Gbit/s
OC-192 9.953 Gbit/s
OC-768 39.813 Gbit/s
OC-1536 79.6 Gbit/s
OC-3072 159.2 Gbit/s

 

なお、2010年代になると一般的にブロードバンドインターネット接続が普及し、ダイヤルアップ接続などの従来方式がほぼ使われなくなったため、ブロードバンドという用語は使われなくなってきています。

 

 

avatar
  Subscribe  
Nhận thông báo